印鑑の用途について

印鑑の用途について

実印や銀行印など誰もが聞いたことのある印鑑から、肩書印や割印など、普段聞きなれない印鑑の用途について解説させていただきます。

個人用印鑑
実印/銀行印/認印/訂正印
法人用印鑑
会社実印/会社角印/会社銀行印/会社認印/役職印/先生肩書印

個人用印鑑

実印

購入時期新社会人、新成人、結婚、他
個人用の実印は、ご自身の住民票がある役所に印鑑登録した印鑑を実印といいます。
印鑑登録を済ませると、役所で印鑑証明書を発行してもらえます。これにより、個人の身元を法的に証明してもらえます。
主にローン審査や、不動産売買、自動車購入、法人登記などで必要となります。役所での印鑑登録から印鑑証明書の発行は即日行えます。
また、印鑑登録を済ませていると、最寄りのコンビニエンスストアでも印鑑証明書を発行できます。
印鑑登録は、日本国籍で15歳以上の年齢で登録可能ですので、社会人になるタイミングで登録しておくと急な入用でも困ることはありません。実印の購入は早めにご検討ください。

銀行印

購入時期出産、就学、新社会人、結婚、他
個人用の銀行印は、郵便局または銀行などの金融機関で口座を開設する際に必要となる印鑑を銀行印または届け印といいます。
口座を開設したあとも、クレジットカードの契約やローンの申請など、口座引き落としの書類に捺印を求められますので、大切に保管しましょう。
銀行印の保管は、空き巣などの盗難のリスクを避けるためにも、預金通帳とは別の保管場所を選ぶと安全です。
余談ですが、社会勉強として子供と一緒に口座を開設し、お金の管理を学ばせるといった教育もあります。

認印

購入時期出産、就学、新社会人、結婚、他
個人用の認印は、実印や銀行印のように機関に届出をしていない印鑑全般を認印といいます。
認印の用途としては、受け取りや承認、確認など相手の行為を認めましたという意思表示として捺印することです。
その為、多様につかわれますので、生涯に置いて一番押すことの多い印鑑となります。自身の承認ですので、サインの役割と同じで、最近ではイラスト付きや、シンボル付きの印鑑を活用する人が増えてきています。
とはいえ、印鑑のデザインはTPOに応じて使い分けることをオススメいたします。

訂正印

購入時期新社会人、他
訂正印は、契約書や公文言などの書類に修正、加筆がある場合に、打消し線の上に捺印する印鑑を訂正印といいます。
ビジネスの現場においては文書の訂正は非常にデリケートな問題です。公正な文章を作る為にも持っておきたい印鑑の一つとなります。
文書の修正に使いますので、一般的には6.0mm丸サイズまたは楕円サイズで、読みやすい書体で作ると間違いはありません。デキる社会人として、一本は持っておいて損はありません。

法人用印鑑

会社実印

購入時期創業・起業・団体立上げ
法人用の実印は、法人立上げの際に法務局に提出する商業・法人登記で必要となる印鑑を実印または登記印といいます。
登記を済ませた実印は会社の責務を示す重要な印鑑をなりますので、金庫などのセキュリティ対策が万全な場所で保管してください。
代表印としても使われますが、リスク管理をするのであれば、代表印と登記印は別で作成される事を強くオススメします。また、法人では実印を押す際に、いつ、誰が、何のために捺すのかを管理した捺印管理簿があります。
これから実印を作られる方、まだお作りでない方は、実印の運用は捺印管理簿と共に厳重に行ってください。

会社角印

購入時期創業・起業・団体立上げ
法人用の角印は、請求書や領収書などに捺印する印鑑を角印あるいは社判といいます。
法人で活用する印鑑では一番捺すことの機会がある印鑑で、いわば会社の顔と言っても過言ではない重要な印鑑です。
作成する文字が漢字やかな・カナは縦向き、アルファベットでは横向きに作り、文字が美しく見えるように整えます。文字を整える際には「印」または「之印」といった送り字を入れて見栄え良く作成します。
また、古来より印鑑は権威の象徴とされており、その権威は彫刻される内容とともに大きさも含まれておりました。近代での慣習としては大きく成功を望むとの願掛けもあります。
会社の判子とも呼ばれる印鑑ですので、納得のいく形でお作りください。

会社銀行印

購入時期創業・起業・団体立上げ
法人用の銀行印は、法人口座を開設する為にの金駐機関へ届け出る印鑑を銀行印といいます。
登録を済ませた銀行印は会社の財務を握る重要な印鑑をなりますので、金庫などのセキュリティ対策が万全な場所で保管してください。
登記印と併用される方もおられますが、リスク管理をするのであれば、登記印と銀行印は分けてお作り下さい。
銀行印を作る際には、実印との誤用を防ぐために銀行印のサイズを一回り小さくお作りするのが一般的です。
作られるサイズは大多数の方が16.5mmでお作りされております。

会社認印

購入時期創業・起業・団体立上げ
法人用の認印は、実印や銀行印のように機関に届出をしていない法人印鑑全般を認印といいます。
主には実印である登記印と代表者の印鑑である代表印を分けて管理する場合に作られます。
実印を求められない契約書などの場合では有効な印鑑となります。セキュリティやリスク管理の面では代表印は認印でお作りされる事を強くオススメします。
作るサイズは、認印でも代表印となりますので、実印と同じサイズでお作りされるといいでしょう。

役職印

購入時期発長期・成長期、他
役職印は、社名または団体名と役員や管理職の肩書を印した印鑑を役職印といいます。
契約 書や見積り書など、代表者から権限を委任されている方の印鑑となります。
対外的な契約にも有効ですが、社内に置いては真議書など社内文書の意思表示あるいは責任の所在を明らかにする重要な印鑑となります。

先生肩書印

購入時期開業、資格取得、他
先生肩書印は、弁護士、行政書士といった士業や、大学や研究機関など肩書をお持ちの方の個人名と肩書を印した印鑑を先生肩書印または職印といいます。
当社では丸型と角形の先生肩書印を用意しております。
作成の際に、行政書士の団体など、所属する組織により形状やサイズ、内容に決まりのある場合もあります。
作成時には所属する団体での印章規約などをご確認ください。

あわせてお読みください

FLOW / お買い物の手順

商品選び

ご注文

デザイン校正確認

商品お届け

Sirusiでは、一部商品を除く印鑑のご注文から商品の作成までの間に、ご希望されるお客様に印鑑のデザイン確認(校正確認)がでるサービスを実施しております。お急ぎでない場合は是非デザイン確認をご利用ください。納期につきましてはデザイン確定後からの納期計算となりますので、お急ぎのお客様はご注意ください。デザイン確認をご希望される場合は、デザインが確定されるまで納期のお約束ができません。予めご了承ください。