印鑑のサイズについて

印鑑のサイズについて

実印や認印を作る際に、印鑑の直径サイズはいくつにすればいいのか、彫刻な文字数の説明を交えて、疑問を解消しながら印鑑サイズを解説させていただきます。

個人印鑑のサイズ

実印サイズ

13.5mm15.0mm16.5mm
13.5mm15.0mm16.5mm
少し控えめで繊細なイメージとなるサイズ標準的なサイズ力強く存在感のあるイメージとなるサイズ
作成文字数
最大5文字程
作成文字数
最大6文字程
作成文字数
最大7文字程

印鑑登録をする実印を作る決まりとして、ほとんどの役所では8.0mm以上25.0mm以下の大き さとあります。
ですので、一般的にハンコ屋さんで販売している印鑑ならどのサイズでもかまいません。
とはいえ、どのサイズに絞って選べばいいのかというと、慣習としては13.5mmか15.0mmが一般的に実印を作るサイズとされています。
大きく成功を収めるようにと大き目のサイズを選ぶか、奥ゆかしく美しく魅せるように一回り小さいサイズで作るといった慣習もあります。
サイズ選びは自由ですが、フルネームで彫刻するなら標準的な15.0mmを選ぶと間違いないでしょう。
あとは文字数により大きめカ小さめを選んでください。

銀行印サイズ

10.5mm12.0mm13.5mm
10.5mm12.0mm13.5mm
少し小さめで量販店などの既製印と同じサイズ標準的なサイズ少し大きめで存在感のあるサイズ
作成文字数
最大3文字程
作成文字数
最大4文字程
作成文字数
最大5文字程

銀行印のサイズは銀行や郵便局、各金融機関によって異なりますが、概ね12.0mmでお作りすれば、まず間違いはありません。
銀行印を作る際には、認印との誤用を避けるためにも、認印より一回り大きめのサイズでお作りすることをオススメいたします。
認印が10.5mmの場合は12.0mm、認印が12.0mmの場合は13.5mmといったサイズです。

認印サイズ

10.5mm12.0mm13.5mm
10.5mm12.0mm13.5mm
標準的なサイズ標準的なサイズ大きめで存在感のあるサイズ
作成文字数
最大3文字程
作成文字数
最大4文字程
作成文字数
最大5文字程

認印は登録する印鑑ではないため、特にサイズの決まりがありません。
慣習として10.5mm~ 13.5mmサイズをご利用されるのが一般的となっています。
企業によっては役職でサイズが決められている場合もあり、最初は10.5mmから使う企業もあります。責任の重い上席よりサイズが大きくならないように整えるためとされています。
これから新社会人となる方は10.5mm を、役職がお付きの方は12.0mmから13.5mmをオススメいたします。

訂正印サイズ

6.0mm
標準的なサイズ
作成文字数
最大3文字程

訂正印は文書の訂正用となりますので、一般的に6.0mmとなります。
10.5mmの認印で代用する事も可能ですが、サイズが大きすぎるために印鑑を捺すと煩雑になってしまいます。
彫刻内容は一般的に姓でお作りしますが、同姓の方がおられる場合や文字数の多い姓の場合は姓の一文字目と名の一文字目の合計2文字でお作りする場合もございます。
文字数や環境に合わせてお作りください。

法人印鑑のサイズ

会社実印サイズ

16.5mm18.0mm
少し小さめのサイズ標準的なサイズ
作成文字数
外周 最大25文字程
内枠 最大10文字程
作成文字数
外周 最大30文字程
内枠 最大12文字程

登記をする会社実印を作る決まりとして、10.0mm以上30.0mm以下の大きさとあります。
多くの企業では一般的に18.0mmでお作りされるのがほとんどです。
外周には漢字、かな、カナで約30文字程彫刻できますが、アルファベットの場合はもっと多くの文字数が彫刻可能です。
30文字を超えてご不安な場合は、大変お手数をお掛けいたしますが、カスタマーサポートまでお問い合わせください。

会社角印サイズ

21.0mm24.0mm
21.0mm24.0mm
標準的なサイズ大きめで力強いサイズ
作成文字数
最大30文字程
作成文字数
最大35文字程

角印の作成サイズは特に決まりがありませんが、企業や団体によっては規定がありますので、予めご確認ください。
印鑑は古くから権威を示すものとされてきました。
現代でも会社や団体が大きくなるようにと大き目の印鑑を作られる慣習が残っています。
一般的にほとんどが21.0mm~24.0mmでお作りされています。

会社銀行印サイズ

16.5mm18.0mm
16.5mm法人印18.0mm法人印
標準的なサイズ少し大きめのサイズ
作成文字数
外周 最大25文字程
内枠 最大10文字程
作成文字数
外周 最大30文字程
内枠 最大12文字程

会社実印との誤用を避ける為に、会社実印より一回り小さく作られるのがほとんどです。
その為、会社実印は一般的に18.0mmでお作りされますので、会社銀行印は一回り小さめの16.5mmとなります。
会社実印と同様のサイズでお作りされても問題ありませんので、文字数や環境に合わせてお好みでお作りください。

会社認印サイズ

16.5mm18.0mm
少し小さめのサイズ標準的なサイズ
作成文字数
外周 最大25文字程
内枠 最大10文字程
作成文字数
外周 最大30文字程
内枠 最大12文字程

会社実印の代わりの代表印としてお使いされるケースが多く、そのため実印と同サイズでの作成がほとんどです。
しかし、実印との誤用を避ける為に一回り小さいサイズでお作りされる方もおられます。
オススメとしては契約印などでのご利用をお考えの場合は18.0mmをお勧めします。
契約書では先方にも捺印を頂戴するので、16.5mmですと先方よりサイズが小さくなり見栄えがよくない場合があるからです。
企業や団体の理念にそったサイズでお作りください。

役職印サイズ

16.5mm18.0mm
標準的なサイズ少し大きめのサイズ
作成文字数
外周 最大25文字程
内枠 最大10文字程
作成文字数
外周 最大30文字程
内枠 最大12文字程

役員や役職者の印鑑となりますので、代表印より一回り小さく作るのが一般的です。
また、企業や団体によっては規定がある場合がありますので、規定に沿ったサイズでお作りください。
掲載するサイズが無い場合は、大変お手数をお掛けいたしますが、カスタマーサポートまでお問い合わせください。

先生肩書丸印サイズ

16.5mm18.0mm
16.5mm18.0mm
少し小さめのサイズ標準的なサイズ
作成文字数
最大12文字程
作成文字数
最大15文字程

税理士や弁護士、宅地建物取引士など国家資格を所有する士業の方の印鑑は、所属する団体によりサイズに規定がある場合があります。
まずは所属する団体で規定をご確認ください。
特に規定のない場合は、彫刻文字数とお好みのサイズでお選びください。

先生肩書角印サイズ

21.0mm24.0mm
21.0mm24.0mm
標準的なサイズ大きめで力強いサイズ
作成文字数
最大30文字程
作成文字数
最大35文字程

司法書士や行政書士など国家資格を所有する土業の方の印鑑は、所属する団体によりサイズに規定がある場合があります。
まずは所属する団体で規定をご確認ください。
特に規定のない場合は、彫刻文字数とお好みのサイズでお選びください。

あわせてお読みください

FLOW / お買い物の手順

商品選び

ご注文

デザイン校正確認

商品お届け

Sirusiでは、一部商品を除く印鑑のご注文から商品の作成までの間に、ご希望されるお客様に印鑑のデザイン確認(校正確認)がでるサービスを実施しております。お急ぎでない場合は是非デザイン確認をご利用ください。納期につきましてはデザイン確定後からの納期計算となりますので、お急ぎのお客様はご注意ください。デザイン確認をご希望される場合は、デザインが確定されるまで納期のお約束ができません。予めご了承ください。