エンボッサー

販売価格

16,500円(税込)〜

発送予定

2024年3月21日(木) 13営業日〜

手軽に簡単にできるエンボス加工

エンボッサーは、紙素材に浮き出すようなエンボス表現ができるので、事業としてはお店や会社のブランディングとして、個人ではウェディングやプレゼントの装飾として活用されます。Sirusiのエンボッサーは、定型のデザインや、オリジナルのデザインで作成が可能です。

エンボッサーとはabout embosser

エンボッサー

エンボッサーは、テキストやイラストを立体的に浮き上がらせたり、凹ませたりして、視覚的な効果を与えるための道具です。主にカードや手紙、文書などペーパーアイテムに使用します。エンボッサーは、文字やデザインを浮き彫りにする場合と、文字やデザインをくぼませる場合の2つの主要なタイプがあります。

エンボス(Embossing)

このタイプのエンボス加工は、テキストやデザインを素材の表面から浮き上がらせ、立体的な印象を与えます。エンボスは、文字やデザインを立体的にすることで、ペーパーアイテム全体に高級感や質感を追加することができます。ペーパーアイテムへのアクセントはエンボスがおすすめです。

デボス(Debossing)

デボスは、テキストやデザインを素材の表面にくぼませ、より視覚的な印象を与える事ができます。デボスはデザインを際立たせたい場合、とても有効な表現方法となります。デザインに高級感や質感を与えたい場合はデボスがおすすめです。

エンボス、デボスを楽しむには、デザインが刻印された専用のエンボスプレートと、プレートに圧力を加えるエンボス台が必要です。エンボスプレートには、浮き彫りやくぼみのデザインが刻まれており、このプレートを紙素材に押し付けることでエンボス効果が生み出されます。

Sirusiのエンボッサーは、クリエイティビティを活かし、自己表現やブランドの個性を強調するためのツールとなります。高級感や質感を加えるエンボス効果を手軽に実現し、手紙や封筒、紙袋などペーパーアイテムに特別な要素を追加できます。

エンボス台についてemboss machine

エンボッサーマシーン
エンボス台とエンボスプレートが揃ってエンボス加工が出来るようになります。
エンボス台は持ち運びタイプと卓上タイプの2種類があります。

持ち運びタイプは携帯しやすく、1回あたり1つ2つの加工だけの場合は持ち運びタイプが便利です。

卓上タイプは力が込めやすく、1回あたりに10個以上のエンボス加工をする場合におすすめとなります。

エンボスプレートは持ち運びタイプ、卓上タイプのどちらでも利用可能です。

Sirusiで取り扱うエンボッサーはエンボスプレートと持ち運びタイプのエンボス台がセットとなっています。
卓上タイプのエンボス台、エンボスプレートのみをご希望の場合は、購入ページで変更可能です。

定型テンプレートエンボッサーTemplate embosser

定型テンプレートエンボッサー
オリジナルの定型テンプレートにテキストを入力して作るエンボッサーです。デザインテンプレートは、シンプルな円形や二重円のデザイン、ウェディング専用のデザイン、家紋を使ったデザイン、ユニークなデザイン印鑑を使ったデザインなどから選択できますので、個性に合ったテンプレートが見つかります。もちろん、それぞれエンボス仕様、デボス仕様の選択も可能です。定型テンプレートで作成しますが、自由度は高く、カスタマイズ可能なエンボッサーとなっています。

16,500円(税込)〜

定型テンプレートエンボッサー

データ入稿エンボッサーSelf made embosser

データ入稿エンボッサー
Adobeイラストレータのaiファイル入稿タイプとロゴデータを入稿いただきテンプレートと組み合わせるロゴ入稿タイプから選択できます。aiファイル入稿タイプではひな形を利用してデザインをご用意いただき、エンボッサーを作成します。ロゴ入稿タイプではaiファイル、または高解像度のロゴ画像を入稿いただき、当社指定のテンプレートデータと組み合わせてエンボッサーを作成できます。ご注文時にエンボス仕様、デボス仕様も選択可能です。完全オリジナルなエンボッサーをお求めの場合はこちらとなります。

16,500円(税込)〜

データ入稿エンボッサー

エンボッサー関連商品Related goods

エンボッサー関連商品
エンボッサーに必要なサプライ商品。エンボス加工を施すためにプレートに圧力を加える専用エンボス台はもちろん、エンボス加工を楽しむためのラベルシールなどアレンジアイテムを取り揃えました。

16,500円(税込)〜

エンボッサー関連商品

お客様の声VOICE

エンボッサーの使い方How to use embosser

エンボッサーを使ってエンボス(浮き彫り)またはデボス(くぼませ)効果を作成する手順は以下の通りです。

以上がエンボッサーの手順となります。プレスには力加減が必要です。コピー用紙などの薄い紙ですと力いっぱい押すと紙が破けてしまいます。逆に厚手の紙の場合は力が必要となります。紙の厚さに応じて力加減を調整してください。また、厚紙で量産する場合は複数人で交代しながら加工することをおすすめします。

よくある質問Question and answer

Q.エンボスプレートがエンボス台に上手くセットできない
A.エンボスプレートを閉じるように持ってエンボス台に差し込んでください。エンボス台に凸の鍵爪があり、エンボスプレートの凹の鍵穴にはまるようになっていますので、位置を調整してはまるように設置してください。

Q.プレートの向きは自分で変更できますか?
A.プレートの向きは固定して接着するため、一度作成すると変更はできません。違う向きのプレートをご希望の場合は、追加で交換用プレートをご注文いただけますようお願い致します。

Q.エンボス台の持ち運びタイプと卓上タイプの違いは何ですか?
A.持ち運びタイプは、ホッチキスのように手で握って押します。収納ボックス付きで携帯しやすい仕様となっています。Sirusiのエンボッサーは基本的には持ち運びタイプがセットになっています。

卓上タイプは机にエンボッサー本体を置いて押します。上から力を入れてレバーを下げることができるので厚手の紙や、エンボス加工を量産する必要がある場合は卓上タイプがおすすめです。

Q.エンボスプレートの耐用年数はどれくらいですか?
A.プレートのデザインや押す紙の厚さによってプラスチック部分の劣化が異なりますので明確な異なるため明確な年数は分かりかねます。週30回程のご利用頻度の場合、2年程となるかと存じます。ご使用後によるエンボスプレートの破損などは保証出来かねますので、予めご了承ください。

Q.エンボス台のハンドルの動きが悪くなった。
A.使用頻度によって関節部分が金属疲労により動きが悪くなる場合がございます。その場合は、金属の部分に潤滑油などをさしていただくとスムーズに動くようになりますのでお試しください。

Q.革素材に押せますか?
A.弊社取り扱いのエンボッサーは紙専用となっております。エンボスプレートの圧着部分がプラスチック製ですので、革素材にエンボス加工を施すには強度が足りず、挟み込むことで故障の原因となりますのでお控えいただけますようお願い致します。

Q.どんな紙に使えますか?
A.デザインによっても凹凸の出方が異なりますが、はがき程度の厚さの紙でしたらきれいに押すことが出来ます。コピー用紙のような薄い紙の場合、力加減によっては紙が破れます。固い紙やボール紙のような厚めの紙ですと、エンボスが浅く、雰囲気程度の表現となります。送料はお客様負担となりますが、試し押しのサービスがございますので、カスタマーサポートにお問合せいただきご利用ください。

試し押しサービスTest stamp

「エンボッサーを作りたいけど、エンボスがきれいに出るか心配・・・」

心配の声にお応えするべく、Sirusiではエンボッサーの試し押しサービスがございます。
試したい紙をSirusiまで送っていただけますと、サンプル用のエンボッサーを試し押しして返送いたします。
試し紙の希望がない場合は、弊社で用意した試し紙に押印してお送りすることも可能です。
エンボスの加減を見てみたい、検討するためにサンプルが欲しいという方も、ぜひご利用ください。

定型テンプレートエンボッサー

注意事項

  • 試し押しは5枚までとなります。
  • 試し紙が弊社に到着後、翌営業日~翌々営業日までに押印して発送いたします。
  • 送料は全て、お客様ご負担となります。
  • 弊社からの発送は通常メール便で送料330円となります。
  • 試し紙の大きさによっては、コンパクト便または通常便の利用となり送料が660円~990円となりますのでご注意ください

送料330円(税込)〜

試し押しを利用する