個人印鑑

銀行印

販売価格

4,000円(税込)〜

発送予定

2021年10月21日(木) 3営業日〜

  • 10年保証
  • デザイン確認可
  • まとめ割り
  • ケース別売り
銀行印は、銀行や郵便局などの金融機関で口座を開設する際に必要となる印鑑です。 実印や認印と併用することは可能ですが防犯面から用途別に印鑑をご用意することをお勧めします。 銀行印には「彫刻文字は、縦書きでお金が流れないように、留まるように横書きで作る」といったちょっと面白いゲン担ぎのような慣習もあります。

安心フォローとアフター保証

Sirusiでは、印鑑の購入からお届け、お使いいただいてからもしっかりフォローとサポートいたします。

  • 送料無料 送料無料
  • デザイン校正確認 デザイン校正確認
  • 印面10年保証 印面10年保証

材質一覧

ハンコの材質は4つのカテゴリーでグループ分けされています。それぞれに良さと特徴があります。何れかの材質をタップすると材質カテゴリー毎の商品ラインナップにスキップできます。

    銀行印の書体について

    銀行印はフルネーム、姓、名の何れかで作成します。実印と比べ漢字や平仮名などの使用規則がない為、自由度が高く複雑でデザイン性の高い印鑑書体での作成が人気です。

    野口 個人印 右横書き 篆書体

    篆書体(てんしょたい)

    おすすめ度

    印鑑書体で最も歴史が古くフォーマルな書体。 日本円札に押されている“総裁之印”、“發券局長”が篆書体です。 紀元前の古代文字であることから判読が難しい複雑な文字です。

    野口 個人印 右横書き 吉相体

    吉相体(きっそうたい)

    おすすめ度

    篆書体をベースに文字と枠が接するように配置し、字画を流線的に八方に末広がりに作る書体。 デザイン性が優れた書体で、作り手の意匠が込められた緻密さが魅力です。

    野口 個人印 右横書き 流篆体

    流篆体(りゅうてんたい)

    おすすめ度

    篆書体をベースに、現代文字の解釈を加え、しなやかで繊細なイメージの書体。 細く端正な流線と空間を使った字体で構成しており、凛としたデザインとなっています。

    野口 個人印 右横書き 古印体

    古印体(こいんたい)

    おすすめ度

    字面に墨が溜まったような表現と、欠けや途切れが特徴の雅やかな味わいのある書体です。 認印が古印体で作られることが多く、一番身近な書体です。

    野口 個人印 右横書き 隷書体

    隷書体(れいしょたい)

    おすすめ度

    横に長いバランスで、波打つような筆運びが特徴の書体です。 二千年以上の歴史を持つ古代文字で、日本円札の千円や壱万円と書かれている文字が隷書体です。

    銀行印のサイズについて

    口座開設で金融機関に届け出る銀行印は、10.5mm~18.0mmの直径サイズですと問題なく届出が可能です。慣習としては12.0mm前後が一般的な銀行印サイズです。

    直径サイズ 10.5mm直径サイズ 12.0mm直径サイズ 13.5mm
    少し控えめで繊細なイメージとなるサイズ標準的なサイズ力強く存在感のあるイメージとなるサイズ

    お客様の声

    商品ラインナップ

    天然木材

    環境保全の間伐材や、グリーン購入法適合品、大型木製品の余材などを利用しています。何れも天然の素材を活かし個体差が楽しめるハンコとなります。

    強化木材

    木製の端材を砕いて樹脂と合成する無駄を出さない素材です。チップ板と樹脂を重ね合わせたことで頑強なハンコになります。環境省の基準を満たすグリーン購入法適合商品。

    天然圧縮木材

    建材技術を使い、木材から水分を限界まで抜き、圧縮して硬化させた素材です。個体差のある木目の風合いや、樹の香りを残し、頑強さも持ち合わせたハンコ。

    次世代マテリアル

    継続して使い続けれるよう、最もハンコに適していると厳選された素材です。押しやすく、劣化しない性能を誇るニューベストなハンコです。